すべての生命に感謝をこめて 写真集「Creation:」

写真

 地球が生み出した野生動物の造形や営みに魅了され、世界各地の陸海空の動物たちの撮影を続けてきた動物写真家・前川貴行さんの写真集が刊行されました。
 「野生動物に正面から対峙(たいじ)して撮影していく。焦らず相手が受け入れてくれるのをまちながら、距離を詰めていく」という前川さんの写真は、動物たちとの距離が近く感じられます。厳しい自然の中に生きる美しい動物たちの写真から、一部を紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    前川貴行(まえかわ・たかゆき)

    1969年東京都生まれ。動物写真家。エンジニアとしてコンピューター関連会社勤務を経て、26歳の頃から独学で写真を始める。97年より動物写真家・田中光常氏の助手をつとめ、2000年からフリーの動物写真家としての活動を開始。日本、北米、アフリカ、アジア、そして近年は中米、オセアニアにもそのフィールドを広げ、野生動物の生きる姿をテーマに撮影にとりくみ、雑誌、写真集、写真展など多くのメディアで活躍中。2008年日本写真協会賞新人賞受賞、2013年第一回日経ナショナル・ジオグラフィック写真賞グランプリ。2014年TBS「情熱大陸」出演。著書に『動物写真家という仕事』『ホッキョクグマの赤ちゃん』〈共著〉(2017年、共に新日本出版社)、『クマと旅をする』(共著、2016年、キーステージ21)、『GREAT APES 森にすむ人々』(2015年、小学館)、『カリブーをさがす旅』(2013年、月刊たくさんのふしぎ2014年2月号・福音館書店)、『animalandscape 1998‐2013』(2013年、青菁社)、『北の馬と南の馬』(2011年、あかね書房)など。日本写真家協会会員
    ホームページ
    フェイスブック

    BOOK

    Creation:

    Creation:
    (新日本出版社)前川貴行(著,写真)

    地球が生み出した野生動物という創造物。彼らを同じ世界で肩寄せ合いながら共に生きる大切な仲間という著者が撮影してきた、世界各地の陸海空の動物たちの、見るほどに魅力に引き込まれる珠玉の写真を厳選。大判で迫るベストショット集

    [PR]