ネコの数だけ残念がある!「残念すぎるネコ」

写真

猫写真家として注目を集める沖昌之さんによる、下町の猫たちをとらえた写真集『ぶさにゃん』、続く『必死すぎるネコ』から1年。さらにパワフルな脱力系最新作『残念すぎるネコ』が刊行されました。
“獲物を横取りされて残念”“仲間に入れなくて残念”“あげた拳の行き所がない残念”など、くすっと笑える、愛くるしいネコの姿を捉えた写真集から一部を紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    沖昌之(おき・まさゆき)

    猫写真家。Instagramフォロワー10万人。1978年、神戸生まれ。アパレルを経て、2015年独立。“ネコザイル”“無重力猫”など、他の猫写真家が追随できない激写系猫写真をSNSをはじめ、雑誌やテレビなどで発信している

    BOOK

    残念すぎるネコ

    残念すぎるネコ
    (大和書房)沖昌之(著)

    『俺、つしま』も思わず二度見する残念さ!
    Instagramフォロワー10万人、Twitterフォロワー2万人
    ベストセラー猫マンガ『俺、つしま』のつーさんも絶賛
    今、猫写真家として最も注目を集める沖昌之氏の最新写真集。今度は『残念すぎるネコ』をテーマに5年間撮りためた、22万枚のなかから選りすぐりの約100点を収録。インスタグラムで人気だったあの残念すぎるネコはもちろん、新作の残念写真まで。ネコとは思えない、まるで人間を見ているかのようなネコ写真集です

    [PR]