没後50年 藤田嗣治展

写真

「乳白色の裸婦」で知られ、おかっぱ頭と丸めがねが印象的な画家、藤田嗣治(1886-1968)。今から約100年前、パリで成功を収め、海外で活躍する日本人画家のパイオニアとなった画家です。没後50年の節目となる今年、初期から晩年まで藤田の画業の全貌を紹介する過去最大規模の回顧展が開催中です。

日本国内約50カ所、海外10カ所を超える所蔵先から計100点以上の絵画作品が集い、60年にわたる藤田の画業の変遷を追うことができます。藤田の代名詞ともいえる乳白色の裸婦像が10点以上集うほか、日本初公開の作品も出品されています。

展覧会特設ショップに並ぶ、さまざまなグッズも魅力です。本展によせて、しりあがり寿さんが描き下ろしたイラスト「フジタ画伯とねこ」は、布製人形や缶バッジ、シールに。藤田の作品の中に登場する猫をくりぬいたタオルやトートバックなども、人気を集めています。
このほか、藤田が壁画を描いたこともある洋菓子店コロンバンのクッキー詰め合わせや、藤田が若い頃通っていたカフェ-パウリスタのコーヒーなどのコラボ食品も満載です。ぜひ会場で、藤田展の多彩な魅力をお楽しみください。

■没後50年 藤田嗣治展
会期:2018年7月31日(火)~10月8日(月・祝)
会場:東京都美術館 企画展示室
休室日:月曜日、9月18日(火)、25日(火) ※ただし、9月17日(月・祝)、24日(月・休)、10月1日(月)、8日(月・祝)は開室
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室:金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで) ※ただし、8月17日(金)、24日(金)、31日(金)は 9:30~21:00
http://foujita2018.jp/

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

二人の少女
自画像
エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像
タピスリーの裸婦
争闘(猫)
フルール河岸 ノートル=ダム大聖堂
礼拝
カフェ
グッズ
展覧会エントランス
[PR]