箸袋でジャパニーズ・チップ!

写真

レストランや食堂で見かける、箸袋。誰かと会話しつつ、何となく無意識のうちに折ってしまう、箸袋。辰巳雄基さんは、アルバイト先の居酒屋でふと、お客さんが残していったその形に目がとまりました。「これはお客さんからの、ありがとうのしるしでは」。そう思った辰巳さんは、ジャパニーズ・チップという名前をつけ、やがて日本中を約1年半かけて回り、箸袋を集めました。その数、約1万8000点。オーソドックスな箸置きからかわいいエビや犬に鶴亀、花まで、日本人の「無意識」が大集合、完成した『箸袋でジャパニーズ・チップ!』から、一部をご紹介します。刊行記念の展覧会も開かれています。

辰巳雄基『箸袋でジャパニーズ・チップ!』刊行記念
「ジャパニーズ・チップ展 テーブルのうえで見つけたいろんな形」
■ in 池袋〈ジュンク堂書店池袋本店〉
会期:2018年10月2日(火)- 16日(火)
会場:ジュンク堂書店池袋本店9Fギャラリー(東京・池袋)
時間:10:00~22:00
東京都豊島区南池袋2-15-5 tel. 03-5956-6111

■ in 荻窪〈Title〉
会期:2018年10月4日(木)- 21日(日)(10、16、17、18日は店休予定)
会場:Title 2階ギャラリー(東京・荻窪)
時間:12:00~21:00
東京都杉並区桃井1-5-2 tel. 03-6884-2894

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    BOOK

    写真

    箸袋でジャパニーズ・チップ! テーブルのうえで見つけたいろんな形(リトルモア)
    辰巳 雄基

    この物体はなんなのか――
    バイト先の居酒屋で、テーブルを片付けているときに見つけた、箸袋で折られた面白いカタチ。「ごちそうさま」が込められた小さなカタチ=“チップ”のようだと気になって……。
    以来、蒐集家・辰巳雄基さんが1年半をかけて47都道府県をまわり、集めに集めた箸袋!そこからジャンルに分けて厳選の700点超を一挙紹介!!
    1728円(税込み)

    [PR]