会社辞めて本屋さんになりたい……思い立ったら、吉日かも。「ブックカフェ」人気6選

写真

2018年、連載「ブックカフェ」でよく読まれた上位6本の記事からは、何か共通するテーマが見えてきます。半分は独自の切り口で本と出会えるお店のお話。そしてもう半分は、ふと思い立って早期退職したり、あるいは会社員をしながらブックカフェを開いた方々のお話です。道のりは大変そうですが、皆、コツコツと自分の理想空間を作り続け、「いまが一番充実」と語る姿に、ちょっと憧れます。同じように、あるいはひそかに思い立っている方、実は多いのかもしれませんね。

< 出版社営業マンが始めた本との出合いを楽しむ空間 「余白」 >
< ゲイ文化の奥深さを見せびらかしたい 「オカマルト」 >
< 小説の中の料理がカフェメニューに 「STORY STORY」 >
< 本に囲まれて眠れる 銀座の秘密基地 「Book Tea Bed GINZA」 >
< 49歳会社員が始めた、猫と共存する本屋 「Cat’s Meow Books」 >
< 早期退職で実現、「大好き」が詰まった秘密基地 「Under the mat」 >

    [PR]