ムンクのすべてがここに。100%ムンク作品の大回顧展を開催中

写真

世界で最もよく知られる名画の一つ≪叫び≫を描いた近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンクの大回顧展が、東京・上野の東京都美術館で好評開催中です。

エドヴァルド・ムンク(1863-1944)は北欧・ノルウェーに生まれました。幼少期・青年期に見舞われた家族の死や、数々の女性との愛憎関係といった経験をもとに、愛や絶望、嫉妬、孤独など、人間の内面を絵画に描きだしました。その強烈なまでの表現は、20世紀における表現主義の潮流の先駆けにもなりました。

本展では、ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、代表作≪叫び≫など油彩の名品約60点が集結。版画などを加えた約100点を展示します。愛や死を主題とする初期の代表作から、故郷のフィヨルドや海などの自然をとらえた美しい風景画、まるで描かれた人物が絵から抜け出てくるかのような全身肖像画、明るくカラフルな色合いが特徴的な晩年の作品にいたるまで、画家の生涯をたどりながら、60年にわたる画業を振り返ります。

今回来日を果たした≪叫び≫。実は複数のバージョンが存在していますが、ムンク美術館所蔵の油彩・テンペラによる≪叫び≫は、今回が日本での初公開となります。

■ムンク展―共鳴する魂の叫び
会期:2018年10月27日~2019年1月20日
休室日:月曜日(ただし11/26、12/10、24、1/14は開室)、12/25、31、1/1、15
開室時間:9:30~17:30 ※金曜日は午後8時まで(入室は閉室の30分前まで)
会場:東京都美術館 企画展示室 東京都台東区上野公園8-36
問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
公式サイト https://munch2018.jp

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

[PR]