藤井聡太七段、早指し棋戦に参加

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年5月27日
  • AbemaTVの将棋オリジナル番組の対局企画に出場する藤井聡太七段 (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     インターネットテレビ局・AbemaTVの「将棋チャンネル」で、羽生善治竜王(永世七冠)の着想から生まれた新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』の収録が27日、都内で行われた。対局前に藤井聡太七段が囲み取材を行い、意気込みを語った。

    【写真】対局企画中の藤井聡太七段

     羽生竜王の着想で作られたトーナメントは、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」で対局が行われる。持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用。チェスでも用いられるものだが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で行います。1対局約30分と初心者でも楽しみやすい、スピーディーな展開が見所のオリジナルルールとなっている。

     変則ルールとなるが藤井七段は「持ち時間が大変、短いですけど適切な時間配分。有効に使うことができると思っている。持ち時間を強みにできれば」と意気込んだ。持ち時間の長さに関して得意不得意はないそうで「序盤は決断よく指していければ」と話した。

     対局が決まり、フィッシャールールで「少し練習してきた。指してみた感じだと、すごく短いという印象はなかった。早指しの魅力については「早指しは常にスリリングな展開になる。対局者としては決断力。全ての手を読むことはできないので、選択も大事になる」と口にした。「早指しは自分を信じることも大切。自分を信じてやりたい」と力強く語った。

     時計に常に追われるが、プライベートで時間に追われるか問われると「将棋に1番追われることが多い」と苦笑いを浮かべていた。対局前だがピリピリしたムードはなし。「始まってからホントにあっという間だと思う。あまり始まる前はリラックスして臨めればと思ってます」と穏やかな空気をまとっていた。

     予選に参加する12人は、A、B、Cの3ブロック各4人に分かれ対決。三番勝負を2度制した2人が、本戦トーナメントへ進出する。藤井七段は橋本崇載八段、三枚堂達也六段、近藤誠也五段と共にAブロックに参加。この日は近藤五段と対局となる。勝ち抜けば、シード棋士・羽生善治竜王、久保利明王将の2人を加えた8人で本戦トーナメントで対局を行い、優勝者を決定する。

     対局の模様は6月17日の午後8時から放送される。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!