ひょっこりはん、BGM問題で謝罪

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年6月13日
  • ネタBGM“著作権”問題で謝罪したひょっこりはん (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     ピン芸人のひょっこりはんが13日、都内で行われた『よしもとオススメ芸人2018 お披露目会』に出席。ネタのBGMとして使用していた楽曲が、フリー音楽などを扱う「音楽素材MusMus」の管理人から「著作権侵害」だと抗議を受けていた問題が今月3日に解決して以降、初の報道陣を前にしてのイベントになったが「お騒がせしてすみませんでした」と謝罪した。

    【写真】かわいい!白石麻衣は“ひょっこりはん”完コピ

     この日、自身のそっくりさんとして話題を集めている先輩芸人・風亀丸いわしてんぐがひと足先にネタを披露したところ「本物はオレだよー」と“ひょっこり”。どちらが本物かを証明するためにネタバトルからの相撲対決という謎の流れで進行すると、MCを務めたとろサーモンの久保田かずのぶが「ホンマ、人の芸風に便乗したらアカンで」と風亀丸を断罪した。

     久保田の矛先は、本家のひょっこりはんにも向かい「BGM問題は大丈夫ですか?」と直球で質問。ひょっこりはんは「そうですね」と明らかにあたふたしながらも「いろいろありますけど…お騒がせしてすみませんでした」と深々とおじぎ。それでも久保田が「BGM問題は大丈夫ですか?」と追及し「お騒がせしてすみませんでした」と頭を下げると、カメラのフラッシュが無数にたかれ、さながら謝罪会見のようになっていた。

     イベント後の囲み取材でも、現状について聞かれると「本当にご迷惑をおけして、お騒がせしてすみませんでした。関係各所、吉本側と先方が話し合いで、問題は解決に進んでいます」と報告。「新しいBGMも作って、これから頑張っていこうという感じです」と気持ちを新たにしていた。

     「音楽素材MusMus」の管理人が、先月31日にひょっこりはんのネタ中のBGMが著作権侵害にあたるとしてブログで抗議。今月3日にサイトで「吉本興業様にお願いしました、(当方の楽曲とそれに類似している楽曲の使用・販売の停止)(すでに二次配布した先への音源取り扱いの訂正連絡)これらをお約束いただけましたので、現時点ではこれ以上の希望は無く、これらが遂行されることを見守るのみとなっております」と報告していた。

     イベントにはそのほか、須藤凜々花、尼神インター、ガリットチュウの福島善成、ジョイマン、ゆにばーす、レインボー、イシバシハザマ、パタパタママ、風亀丸いわしてんぐも出席した。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!