阪堺電車にチューバッカトレイン

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年6月27日
  • 阪堺電車にチューバッカトレイン(特別車両)が登場。運行は6月28日から(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

  • [PR]

     人気映画「スター・ウォーズ」シリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(29日公開)の登場キャラクター「チューバッカ」をイメージしたルーカスフィルム公認の阪堺電車「チューバッカトレイン」が登場。27日、大阪市内で行われた出発式イベントには、初来阪のチューバッカが駆けつけ、「スター・ウォーズ」好きで知られるお笑いコンビ・ミキの2 人も出席した。

    【動画】映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』日本版予告

     司会者から初めて訪れた大阪やチューバッカトレインについて感想を求められたチューバッカは、おなじみの咆哮で返答。ウーキー語が分からないミキや司会者にも、喜びと興奮が伝わったよう。ミキの2人は、先日実施された東京でのジャパンプレミアイベントでもチューバッカと共演しており、「チューバッカ、久しぶり! 元気?」と声をかけると、チューバッカもハグで応えて、友情を確かめあった。

     チューバッカトレインは「遠くから見てちゃんとチューバッカやなとわかる。チューバッカの毛の感じもして、近くで見るとより一層分かりますね! ハン・ソロの絵も入っていて、皆、写真撮りたがりますね。先頭についているチューバッカのかわいいプレートも、ぜひ観て欲しい」と、ミキの2人も絶賛。

     日本語吹替版でカメオ声優としても出演している亜生は「最初は確実にドッキリやなと。スタジオに行くまでは絶対落とし穴があるんだなと思っていましたが、スタジオで本当だ!と知り、これは亜生の芸歴7年間をぶつけて全身全霊をかけてやらないといけないなと思いました」と語り、昴生は「スター・ウォーズファンにはたまらない作品です。観たことない人もこの『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』から入ってスター・ウォーズファンになる事もあると思います」と、一足先に観た映画の魅力を語っていた。

     チューバッカ、ミキ、阪堺電気軌道株式会社取締役社長の細井康史氏が、映画のヒットを祈念しつつ、「出発進行!」の合図でテープカットをした後、関西のスター・ウォーズファン20人とフォトセッションも実施。チューバッカマスクを付けたファンとチューバッカがチューバッカトレインに乗った“チューバッカばっかり”の記念撮影で盛り上がった。

     チューバッカトレインは、あす28日から映画公開期間中、阪堺電車の上町線(天王寺駅前~住吉)、阪堺線(恵美須町~浜寺駅前)を運行。乗車料金は一律大人210円 小人110円。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!