風間俊介、仰天料理に舌鼓

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年10月31日
  • 31日放送のバラエティー番組『林修のニッポンドリル』の模様(C)フジテレビ

  • [PR]

     タレントの林修氏がMCを務めるフジテレビ系バラエティー番組『林修のニッポンドリル』が、きょう10月31日(後8:00~)の放送で「店主のこだわりが変態レベルの名店」を特集。常人には理解できないほどのこだわりを持つ店主と料理の魅力を掘り下げていく。

    【写真】番組には長嶋一茂、大石絵理らも出演

     今回ピックアップしたのは、魚を愛し過ぎる店主の論理を追求した「魚の名店」。隠れ家のような10坪程度の決して広いとは言えない店内は、常に満席で2ヶ月から予約でいっぱい。イタリアンの巨匠・落合務シェフや食通のアンジャッシュ・渡部建なども虜にされてきた、同店の絶品料理にスタジオ大興奮。人が“魚料理の女神”と称する女性店主の“魚愛”に満ちあふれた強烈なこだわりを徹底的に検証していく。

     そのこだわりは、魚の産地や味付け、焼き方だけに留まらず、番組恒例の実食タイムでは、「本当においしいのか」と疑うような見た目の料理を、驚きの食べ方で試食することを強要。ところが、実際に食べてみると学級委員長の風間俊介が「あ、うまっ!」、大石絵理も「おいしい、ありえないほどおいしい!」と満面の笑みを浮かべる。

     番組ではそのほか「どうして表舞台から姿を消した!? あの大ヒット商品のいまを大調査」を特集。ゲストには、中田喜子、長嶋一茂、松本明子、川島明が出演する。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!