たけし、テレ東へ絶大な信頼感

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年11月8日
  • ビートたけし (C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     お笑いタレントのビートたけし(71)が8日、都内で行われたテレビ東京の特別番組『いきなり、たけしです。』取材会に出席。昨年に引き続き、今年も“テレ東ジャック”に臨むこととなったが「テレビ東京の看板番組に対する味付けというか、パロディー版をやって景気づけようということです」と番組の趣旨を説明した。

    【写真】特別番組で“テレ東ジャック”に臨むビートたけし

     昨年はテレビ東京の朝を“生ジャック”する特番『おはよう、たけしですみません。』を5日間にわたって敢行。3日目には、番組出演を“ドタキャン”する緊急事態も発生するなど、視聴者を釘付けにしたたけしが、今年もテレ東で大暴れする。

     今回の特番は、来年4月12日に開局55周年を迎えるテレビ東京が、今月12日から18日までの1週間にかけて『テレビ東京55周年 テレ東ぜんぶ見る大作戦WEEK』と題したキャンペーンを行う一環として放送。『YOUは何しに日本へ?』『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』といった同局を代表する番組がスタートする前の3分間で、たけしが登場する。

     たけしは、テレ東への印象を聞かれると「ずっと前は東京タワーのところにあったけど、我々の中ではテレビ東京、東京スポーツと変わらなくて、やっていることが嘘くさい(笑)。田中角栄逮捕の時に東京スポーツは『猪木、血だるま』で、テレビ東京はアニメをやっていたということでブレない会社で、面白いですよね」とにっこり。「ここのバラエティーはけっこう自由にやらせてもらえるので、クレームを受けている人たちは大変だと思いますよ」と語った。

     同局で放送中の冠番組『たけしのニッポンのミカタ!』(毎週金曜 後10:00)は、来年で10周年となるが「オレの番組は、めちゃくちゃ長いんですよ。プロデューサー・ディレクターさんたちの勢いがあって、満足していないところがあって、とにかく主流どころに追いついてやろうとか、民放ならではの番組を作ろうとかがある。ここのところは実績上げてきて、ドラマとかもいろんな賞をもらったり、オレの映画とかも放送してくれていて、ありがたいですよね。フレキシブルにやるのがいいところで、マンネリしてなくていいなと思いますね」と局内の雰囲気を絶賛した。

     MCから「テレ東のトップになったら、何をしますか?」との質問を受けると「まず全員派遣社員に変えますね。賃金を半分にカット。出来高制にして、視聴率1%につき500円とか、かっちりやりたいですね」とニヤリ。「それぞれの番組のパロディー版を撮っているので、くだらないなと笑えるようになっています。そのうち本体の番組をもらって、レギュラー7本取ってしまおうかなと思いますが、とにかく1週間、なるたけ頭から見てください。今度はラオスで橋を渡ろうと思っています」と最後はしっかり毒ガスを噴射していた。

    ■『いきなり、たけしです。』

    11月12日~16日 午後6時55分~6時58分

    11月17日、18日 午後6時30分~6時33分

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!