乙武洋匡氏、義足姿で初TV出演

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2018年11月17日
  • 乙武洋匡氏『ワイドナショー』で義足姿を披露 (C)フジテレビ

  • [PR]

     作家の乙武洋匡氏(42)が、あす18日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』(毎週日曜 前10:00)に出演。先日、義足を装着して立っている写真をSNSで公開し大きな反響を呼んだが、番組ではおそよ40年ぶりに義足に再チャレンジする様子をVTRで紹介する。また、スタジオでも義足を装着し、自ら地を踏みしめる姿をテレビ初披露。番組コメンテーターの松本人志と「肩を組みたい」という願いをかなえた。

    【写真】乙武氏、インスタで話題を呼んだ義足姿

     この日は、番組ゲストとしておなじみの乙武氏が幼少期以来およそ40年ぶりに義足にチャレンジし、トレーニングを積む日々を紹介。ひざ上(乙武氏は太ももの付けそば)からの義足となるため、ひざの部分にはモーターがついているという特殊なもので、装着した後は1年以上にわたり訓練していたことが明かされた。VTRには乙武氏がバランスを取りながら義足の長さを少しずつ伸ばしていく様子や、最終的にそれが片足10キロという重さとなること、そしてついに何にもつかまらなくても一歩一歩確実に歩いていく様子まで収められている。

     この模様にスタジオの松本やMC東野幸治らも「すごいこと」と感激しきり。さらに乙武氏は「松本さんと肩を組みたかった」、「少し時間を頂いて、義足を装着しても良いですか?」と自ら提案。マネージャーに手伝ってもらいながら、義足をつけ…いざ立ち上がろうとすると、一瞬バランスを崩し転びそうになったが、無事に仁王立ちする姿をスタジオで披露できた。

     スタジオのメンバーが「無理せずに」と心配する中、一歩踏み出すことにも成功。松本からは「ワイドナショーらしくないけど感動した」と熱いコメントも飛び出した。最後は念願だった松本との肩組みへ―。出演者のみならず、視聴者も今まで見たことのない乙武氏の姿、そのあとに飛び出す2人のやり取りに注目だ。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!