テレ朝、10月クール全日で単独1位

  • 記事提供:ORICON NEWS
  • 2019年1月4日
  • 10月クール全日視聴率で単独1位を獲得したテレビ朝日(C)ORICON NewS inc.

  • [PR]

     テレビ朝日は4日、昨年10月クールの平均視聴率が全日7.8%(前6:00~深0:00)を記録し、全局で1位を獲得したことを発表した。2013年4月クール以来、5年半ぶりとなる。テレ朝は昨年9月から4ヶ月連続で全日の月刊平均視聴率が全局1位を記録している(9月平均7.7%、10月平均7.7%、11月平均7.7%、12月平均7.8%※ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

    【写真】仲間由紀恵が産休から復帰『相棒 元日SP』場面カット

     好調の要因は、プライム帯放送のドラマ。10月期連ドラで全局1位に輝いた『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(10月クール平均15.8%)の貢献度は高く、2位には『相棒season17』(10月クール平均15.5%)が安定の数字を記録。長寿ミステリー『科捜研の女』(10月クール平均12.5%)も色あせない人気を誇り、貫録を見せつける形となった。

     また、日曜プライムの10月21日『おかしな刑事スペシャル』(平均13.0%)、10月7日『誘拐法廷~セブンデイズ』(平均11.3%)、11月18日『法医学教室の事件ファイルスペシャル』(平均10.7%)も大健闘した。

     バラエティーのレギュラー番組では、10月からスタートした日曜夜の『ナニコレ珍百景』(午後7時台平均11.3%)と『ポツンと一軒家』(平均14.1%)が毎回高視聴率を獲得。特番では、9月17日『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』(平均14.9%)、11月20日『林修の今でしょ!講座3時間SP』(平均13.9%)が好結果を記録した。12月2日は、『M-1グランプリ2018』(平均18.8%)が2009年以来の高さをマークした。

     年末には12月19日(水)『決定版!日本の名曲グランプリ』(平均13.8%)、21日『ミュージックステーションスーパーライブ2018』(平均13.8%)、22日『ビートたけしの超常現象Xファイル』(平均12.0%)と連日高視聴率を記録。20年ぶりに復活した29日『テレビ朝日開局60周年記念超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ』(平均13.5%)も話題となった。

     報道・情報番組も総じて堅調で、『羽鳥慎一モーニングショー』(10月クール平均9.2%)で、同時間帯民放トップ。『グッド!モーニング』7時台では、自己最高タイ(7時台平均9.8%)で、両番組で平日朝の“縦の流れ”を作り、全日帯の視聴率向上に大きく貢献した。

     スポーツ中継も人気で、10月16日の『サッカー・キリンチャレンジカップ2018日本×ウルグアイ』(平均17.0%)と、11月3日『フィギュアグランプリシリーズ2018フィンランド大会 男女ショート』(午後7時19分~平均13.5%)が同時間帯トップを獲得。続く翌4日『男女フリー』(後9時25分~平均16.2%)では、午後9時台は女子フリーをディレイ放送し同時間帯トップとなり、午後10時時台の男子フリーは、羽生結弦選手の演技直後に毎分最高20.7%をマークした。

     12月7日『フィギュアスケートグランプリファイナル2018男女ショート』(平均15.4%)、続く8日『男子フリー』(平均13.3%)、9日『女子フリー』(平均17.4%)と連日高視聴率を叩き出した。

    オリコン

    Copyright(c)オリコンNewS, 記事・画像の無断転用を禁じます

    画像

    この記事を気に入ったら
    「いいね!」しよう

    今、あなたにオススメ

    Pickup!