朝川渡る

いま、朝、川を渡るような思いで恋を紡いでいるすべての人に。日常の中の小さな「朝川」物語を描く、連続短編小説

文: 央橙々