明日のわたしに還る

さらに“明日のわたし”に力をくれる、いま同じ時に生きる方の言葉を お届けしていきます。――Per aspera ad astra 花のとげを超えて、星へ。

文: