[PR]

 ボブ・ディランは1941年5月24日、米ミネソタ州ダルース生まれ。本名はロバート・アレン・ジマーマン。

 ノーベル文学賞を受けたボブ・ディランは、歌手/詩人として長く若者世代のヒーローだった。数多くの抵抗歌のシンガーソングライターとしてカウンターカルチャーの旗手になってから半世紀余り。ついにメインストリームの芸術家として世界に認められた。

 カントリー音楽やブルースに影響を受けて高校時代から音楽活動を始め、59年にミネソタ大学に入学したが中退して61年ニューヨークに移住。グリニッチビレッジのコーヒーハウスでフォークソングを歌い、同年にコロムビア・レコードと契約。62年にアルバム「ボブ・ディラン」でデビューした。

 63年に出したセカンドアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」には、「風に吹かれて」「戦争の親玉」「はげしい雨が降る」「くよくよするなよ」など、その後も代表曲として歌い続けられる作品が収められ、高い評価を受けた。

 さらに64年にはアルバム「時代は変る」を発表して、公民権運動やベトナム戦争に揺れる若者たちの心をとらえ、熱狂的な支持を受けた。

 英ウェールズ出身の詩人ディラン・トーマスに傾倒して自らディランと名乗ったように、詩に対する関心が高く、その作品も詩人たちから高い評価を受けた。

 65年にはフォークのスタイルから踏み出してエレキギターを演奏するようになり、フォークファンからは非難を浴びたが、古典的なフォークからロックへの橋渡しをした功績は後に高く評価されることになる。

 66年にはバイク事故で重傷を負ったが、翌年再起。その後もカントリー調からロックンロールまで幅広い作品を発表するかたわら、映画出演やコンサートツアーなど精力的な活動を続け、ロック界のカリスマ的な存在であり続けている。

 これまでに40枚を超すアルバムを出し、グラミー賞の最優秀アルバム賞など多数の賞を受けている。ピーター・ポール・アンド・マリーの「風に吹かれて」やザ・バーズの「ミスター・タンブリンマン」など他のアーティストに提供して大ヒットした作品も多い。16年5月、37作目のオリジナルアルバム「フォールン・エンジェルズ」を出した。

 78年2月に初来日して東京と大阪でコンサートを行い、16年には通算8回目となる来日ツアーを行っている。