昭和天皇の末弟で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁(みかさのみやたかひと)さまが27日午前8時34分、東京都中央区の聖路加国際病院で亡くなられた。死因は心不全。100歳だった。急性肺炎のため5月から入院していた。戦時中は旧日本軍の大本営参謀などを務め、軍紀の乱れや残虐行為への反省を促す発言をしていたことが戦後に明らかになった。オリエント史の研究者としても知られた。

 三笠宮さまの皇位継承順位は5位だった。2002年11月に三男の高円宮憲仁(たかまどのみやのりひと)さまが47歳で、12年6月に長男寛仁(ともひと)さまが66歳で、14年6月に次男・桂宮宜仁(よしひと)さまが66歳で亡くなり、男性のお子さまは全員鬼籍に入っている。皇位継承権のある男子皇族は、皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さまの4人となった。

 会見した宮内庁の名川弘一皇室医務主管によると、三笠宮さまは最近は状態が安定していたが、27日午前7時40分ごろから心臓の拍動が徐々に遅くなり、同8時ごろに心停止となった。「急変といえる」といい、亡くなる際は妻の百合子さま(93)が付き添った。

 5月16日に急性肺炎で入院して以降、6月中旬に心機能が低下。最近は血圧も安定し、ベッド上で手足を動かすなどのリハビリをしていた。関係者によると、肺に水がたまるなどして、何度か危機的な状況もあったという。

 今月22日にはご結婚から75周年を迎え、病室は看護師らによって飾り付けがされ、百合子さまや娘さま方が病室に集まってお祝いしたという。百合子さまは検査のため同病院に入院していた。

 三笠宮さまは15年12月に100歳の百寿を迎えた。宮内庁によると、記録上、皇族方で100歳は初めてだった。この際、宮内庁を通じて「世界中の人々の幸せを願い、また、70年以上にもわたり私を支えてくれている妻百合子に感謝しつつ、楽しく穏やかな日々を過ごしていきたいと思います」と心境を明かした。同年10月には名誉総裁を務める中近東文化センターで百寿のお祝い会があり、三笠宮さまはケーキのろうそくの火を吹き消したという。

 2016年4月にはお住まいの宮邸で、トルコへ赴任する大使と懇談。赤坂御用地内を散策するなど元気な姿を見せていた。

 三笠宮さまは1915年12月2日、大正天皇の四男として誕生。幼少時の称号は澄宮(すみのみや)。学習院初、中等科を経て、陸軍士官学校、陸軍大学を卒業。35年に三笠宮家を創立し、41年10月に故高木正得(まさなり)子爵の次女百合子さまと結婚した。

 戦時中は、支那派遣軍参謀、大本営陸軍参謀などを歴任。中国での日本軍の規律の乱れや残虐行為への反省を促す声を軍内部であげるなど、毅然(きぜん)とした姿勢を貫いていたことが戦後に明らかになっている。

 「軍は歴史の研究が不十分だったのではないか」との思いから、戦後は西欧史、そして古代オリエント史へと歴史研究を志し、47年から3年間、東京帝国大学文学部研究生としてヘブライ史を学んだ。54年に日本オリエント学会設立に参加し会長に。75年には中近東文化センター設立に加わり総裁を務めた。東京女子大、青山学院大などの講師、東京芸術大美術学部客員教授として教壇に立った。

 日本・トルコ協会名誉総裁としてトルコを訪れて遺跡を調査。カマン・カレホユック遺跡発掘調査などの支援に力を尽くした。91年11月にはフランス学士院「碑文・文芸アカデミー」の外国人会員に選ばれた。94年6月にはロンドン大の「東洋・アフリカ研究学院」の名誉会員になった。

 また、フォークダンスや社交ダンスに親しみ、日本レクリエーション協会、日本ワックスマン財団、日本スリランカ協会の各名誉総裁を務めた。「紀元節復活反対」を主張したり、テレビの歴史教養番組に出演したりするなど話題も多かった。

 寛仁さま、桂宮さま、高円宮さま、長女近衛甯子(やすこ)さん、次女千容子(まさこ)さんの3男2女に恵まれた。2011年10月に結婚70年を迎えた際は報道陣の求めに応じ文書で「百合子に対して感謝の言葉も見付からない」と振り返った。

 88年に前立腺肥大症、01年に慢性硬膜下血腫の手術を受けるなど入退院を繰り返したが、長老皇族として公務を果たし、専門の研究も続けていた。08年ごろから僧帽弁閉鎖不全による心不全の治療を受けていた。

 12年にも体調が悪化し、聖路加国際病院に入院。持病の僧帽弁閉鎖不全で心臓の弁が完全に閉じず、血液の半分が左心房に逆流する鬱血(うっけつ)性心不全が悪化するなどして心機能が低下したため、同7月に心臓の僧帽弁形成手術を受けた。(島康彦、多田晃子)