[PR]

 【松尾慈子】あけましておめでとうございます。なんと、当コラムは今年で足かけ10年を迎えます、多分。最初は「AIC」というこぢんまりとしたコーナーで、今は亡き名物編集長・穴吹史士さんのもと、細々とスタートしたのでした。そのとき出された条件は「ワンテーマで、毎週確実に書けること。締め切りを守ること」、それだけでした。その後、隔週になり、会員限定サイト「アスパラクラブ」にうつるなど曲折の後、現在の形式に収まりました。基本的には漫画は自腹で買い、気に入った作品を心の赴くままに紹介してきました。作品の選択に会社の意向が入ったことはありません。これからも、自由気ままに偏愛する作品をご紹介させていただこうと思っています。どうぞ今年もよろしくお願い致します。

 新年初回だから、というわけではないが、当コラムには珍しく、感動作を取り上げたい。産婦人科医として働きつつ、人気のピアニストでもある、という無理めの設定の主人公が活躍する医療漫画である。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら