[PR]

 アルペンスキーのジャパンパラリンピック第3日は27日、長野県白馬村の白馬八方尾根スキー場であり、スーパー大回転と回転のタイムの合計で競うスーパー複合で、男子立位はソチ冬季パラリンピック代表の三沢拓(キッセイ薬品)が、初日の大回転に続いて2冠を果たした。男子座位は同代表の森井大輝(富士通セミコンダクター)が前日の回転に続いて優勝した。