[PR]

 県立秋田南高1年の江野麻由子選手(16)=大館市出身=が3日、ロシアで3月7日に開幕するソチパラリンピックのノルディック距離女子の代表に選ばれた。江野選手は同パラリンピック代表団の中では最年少で、同大会で県内からの代表選出は初めて。

 江野選手が出場するのは、板の上のいすに体を固定して両腕のストックだけで進む「シットスキー」部門。江野選手は2012年と昨年の「ジャパンパラリンピック」で連覇を果たし、1月にフィンランドであったワールドカップ女子座位の部のクロスカントリーではミドル15位、ショート16位に入った。

 競技歴は2年。パラリンピックでの目標は「入賞」という。