[PR]

 ノルディックスキー距離のジャパンパラ競技大会最終日は9日、北海道旭川市で行われ、男女立位の0・8キロスプリント・フリーで女子は太田渉子(日立ソリューションズ)、男子は新田佳浩(同)のソチ冬季パラリンピック代表勢がそれぞれ優勝し、ともに前日のクラシカルと合わせて2冠となった。男子2位は同代表の佐藤圭一(エイベックス)。男子座位の0・8キロスプリントでは同代表の久保恒造(日立ソリューションズ)が優勝した。