[PR]

 乗降客の多い吉祥寺、荻窪に挟まれ、こぢんまりとした印象のあるJR西荻窪駅。やや狭い道が入り組む一帯に約55店の骨董(こっとう)品店が集まる「アンティークの街」だ。

 江戸時代は今で言う別荘地。関東大震災を機に宅地化が進み、後の首相近衛文麿が別荘を構え、都心から越してきた将校や学者も住んだ。おかげで良質の家財を売り買いする業者が根付いた――。骨董品店「木土藍楽」の渡部孝志さん(55)がそう教えてくれた。

 街を散策すると「西荻案内所」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも