[PR]

 JR三鷹駅の西側に、線路をまたぐ長さ約90メートル、幅約3メートルの鉄橋「三鷹跨線(こせん)人道橋」がある。1929年にここに車庫ができた際、地域の南北分断を防ぐために造られ、今も地域住民の通路として現役だ。

 橋には古レールが使われ、中央線の各列車が見下ろせる。休日には多くの鉄道ファンが訪れて、カメラを構える。

 この橋を好んだのは鉄道ファン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも