[PR]

 3月7日開幕のソチ冬季パラリンピックで女子クロスカントリースキーに初出場する県立秋田南高校1年、江野麻由子選手(16)の壮行会が14日、同校体育館であった。生徒や教職員ら約600人が、江野選手の健闘を祈って激励した。

 江野選手は幼い頃、髄膜炎を患って下半身が不自由になった。同校では水泳部に所属し、プールで上半身を鍛えている。板の上のいすに体を固定して両腕のストックで進む「シットスキー」で、クロスカントリーに出場する。

 野球部有志からエールを受け、花道を作った生徒たちから紙吹雪で見送られた江野選手は「気持ちが引き締まる思い。南高生として、先輩、卒業生、みんなの応援を胸にがんばっていきたい」と抱負を語った。

 同じクラスの佐藤瑞希さん(1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら