[PR]

 ソチ五輪第8日の14日(日本時間15日未明)、フィギュアスケート男子のフリーがあり、ショートプログラム(SP)世界歴代最高得点でSP首位に立った羽生結弦(ANA)が、この種目で日本勢初となる金メダルを獲得した。今大会でも日本勢初の金。

 羽生は冒頭の4回転ジャンプで転倒したが、フリーでも1位の178・64点で合計280・09点。SP2位の世界王者パトリック・チャン(カナダ)は、178・10点で合計275・62点にとどまり、2位。3位はデニス・テン(カザフスタン)だった。

 SP11位の町田樹(関大)は169・94点をマークして合計253・42点で5位。SP4位の高橋大輔(関大大学院)は164・27点で合計250・67点の6位となり、ともに入賞を果たした。