[PR]

(22日、スノーボード女子パラレル回転予選)

 「予選の2本でレース勘が戻ってきたので、しっかり続けたい」。スノーボード女子パラレル回転の予選を13位で抜けた竹内智香に小さな自信が生まれた。

 回転種目は今季のワールドカップ(W杯)で3試合戦ってすべて予選落ち。日本女子スノーボード勢初となる銀メダルをつかんだ19日の大回転(GS)の時と心構えが違う。「自信というか、GSに比べて絶対にこれ、というものがなかった」。だから、何よりも、予選通過という結果が欲しかった。

 コースの全長はGSの半分に短くなり、旗門の間隔も狭い。「予選1回目は大事に滑った。2回目はタイム差がないことが分かっていたので抑えるわけにはいかないが、着実にゴールに来ようと」。進行方向右側の青コースを滑った予選1回目のタイムは全体の9番目。2回目の赤コースは19番目だった。

 歓喜のGSから中2日しかない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら