[PR]

 ソチ五輪のアイスホッケー男子スウェーデン代表FWニクラス・ベックストレームがドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応を示したため、23日に行われたカナダとの決勝戦に出場できなかった。

 チーム医師によると検出されたのはプソイドエフェドリン。「彼が何年も服用してきた錠剤に含まれるもので、許可されている薬だ」と語った。

 ベックストレームは「何も隠し立てすることはない。過去7年、同じことをして国際試合にも出場してきた」と述べた。準々決勝のスロベニア戦後に検査を受け、決勝の2時間半前に除外されたという。試合は0―3で敗れた。(時事)