[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動の最終プレゼンテーションでスピーチをした障害者陸上の佐藤真海選手(31)が、ソチ冬季パラリンピックの聖火リレーに参加することが分かった。聖火リレーは26日に始まり、ロシア各地で実施される。佐藤選手は開会式前日の3月6日、ソチ市内で走者を務める。

 関係者によると、昨年10月、東京招致委員会は国際パラリンピック委員会から、「20年枠」として聖火リレー参加を依頼された。日本障害者スポーツ協会との話し合いで、佐藤選手の推薦を決めたという。佐藤選手は走り幅跳びが専門で、夏季パラリンピックに3大会連続で出場している。