[PR]

 ソチ冬季パラリンピック(3月7日開幕)に参加する日本選手団の本隊が28日、成田空港から出国した。荒木雅信団長をはじめアルペンスキーとノルディック距離、バイアスロンの選手、役員ら計23人がロシアのソチへ旅立った。

 2大会連続出場で、バイアスロン男子座位でメダルをめざす久保恒造(日立ソリューションズ)は、リラックスした表情。前回は緊張しっぱなしだったといい、「周りにのまれないように気持ちをコントロールしたい。いつも通りの力を出せればいい」と意気込んだ。荒木団長は「今回のテーマはチャレンジ。障害者に夢を持ってもらえるように頑張りたい」と語った。

 搭乗前のセレモニーでは、航空会社の職員らから激励の花束と応援メッセージの寄せ書きが贈られた。日本選手団は3月4日に現地で入村式を行う。(野田枝里子)