[PR]

 ロシアのソチで行われる冬季パラリンピック(7~16日)の日本選手団が1日、現地に続々と到着した。入村式は4日にある。

 前回バンクーバー大会のノルディック距離で二つの金メダルを獲得した新田佳浩(日立ソリューションズ)は落ち着いた表情を見せ、「やることはやってきた。後悔がないように滑りたい」。バイアスロンなどに出場するほか、開会式では旗手を務める太田渉子(同)は「いよいよ始まるんだなという思い」と高揚感を隠しきれない様子だった。「今できることは、全てやり尽くした。充実した練習が積めたので、あとはそれを出すだけ」と決意を新たにしていた。(吉永岳央)