[PR]

 ウクライナ情勢が、7日(日本時間8日未明)に開幕するソチ冬季パラリンピックにも影を落としている。ソチは、緊張が高まるクリミア半島と同じ黒海沿岸にあり、直線距離で約500キロ。平和の祭典に集った選手たちの表情は硬い。

 クリミア半島からロシアが兵力を引かない場合、競技のボイコットがありうるというウクライナ選手団。ノルディックスキー距離の会場では5日、黙々と練習する姿があった。女子選手の一人は「話したくない」と、記者の質問を遮った。

 日本選手たちは4日の記者会見で、複雑な思いを口にした。スキー距離とバイアスロンに出る佐藤圭一選手(34)は、ウクライナ選手と合同で練習を積んだ経験がある。「一緒に練習した仲間なので、同じ舞台で戦いたい」。ソチに入ってからウクライナ選手と話したといい、「『(一緒に)スタートできることを願います』と伝えた」という。

 アルペンスキーの東海将彦選手…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも