[PR]

 ソチ冬季パラリンピックのスキー競技で、狩野亮(かのうあきら、27)や森井大輝(たいき、33)ら代表選手5人が使うチェアスキーの座席や背もたれを、大阪府大東市の福祉用具メーカー川村義肢が製作した。時速120キロを超える滑りを高い技術力が支えている。

 チェアスキーは、1本のスキー板に座席や背もたれがつき、選手は短い板が先端についたストックを両手に滑る。川村義肢は技術者の中島博光さん(44)と宮本雄二さん(37)が中心になり、これまでに4カ国、84人から受注した。

 「誤差1ミリ以下の座席を作ってほしい」。2010年のバンクーバー大会の直後、金メダルを獲得して帰国した狩野からこんな要望を受けた。すでに4年後のソチの金が視野にあった。

 中島さんらが目を付けたのは、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも