[PR]

 ソチ冬季パラリンピック第7日の13日、アルペンスキー男子回転が行われ、座位の鈴木猛史(駿河台大職)が金メダルに輝いた。鈴木は滑降の銅とあわせ、今大会2個目のメダル獲得。今大会、日本の金メダルは狩野亮(かのうあきら、マルハン)の滑降座位、スーパー大回転座位に続き3個、メダル総数は6個となった。