[PR]

 ソチ冬季パラリンピックのアルペンスキー男子回転座位で、金メダルに輝いた鈴木猛史(25=駿河台大職)。自分の弱さと戦いながら、3度目の出場でたどり着いた頂点だった。

 13日(日本時間14日未明)にあった回転2回目、鈴木は果敢な滑りで優勝をつかんだ。ただ、普段は「トレーニングが嫌い」と言ってはばからない。コーラとポテトチップスが大好きで、「カメラとパソコンが趣味。トレーニングよりそっちをやりたくて」。

 前回バンクーバー大会では、その甘さが手痛い敗北につながった。大回転で銅メダルを獲得したが、最も期待された回転は15位と惨敗した。重圧に勝てなかった自分に、「意識を変えないといけないと思った」という。

 日本代表のエース格、森井大輝…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら