[PR]

 14日にあったバイアスロン女子12・5キロ立位で、出来島桃子(新潟・新発田市役所)がレース運営のミスによって不利な扱いを受けたとする日本選手団の抗議について、国際パラリンピック委員会(IPC)は17日までに棄却する決定を下した。

 このレースは1周2・5キロの女子用コースを5周するはずが、選手の多くが1周目だけ誤って1周3キロの男子用コースを滑走。出来島は、正しいコースを走り続けて首位に立ったが、他選手と距離を合わせるために最終周になって男子用コースに誘導され、7位に順位を落とした。

 IPCは「審判が下した決定は運営上自然」と棄却の理由を説明。そのうえで「今回の状況がどのように、なぜ起こったのか、可能な限り大会後も情報を集めて検証する」とした。

 荒木雅信・日本選手団長は「現段階では受け止める。今後の対応は、帰国後、日本パラリンピック委員会などと協議のうえ、考えたい」とコメントした。(吉永岳央)