[PR]

 サッカーのJリーグ史上で初めて無観客試合となったJ1浦和―清水戦が23日、埼玉スタジアム(さいたま市)で行われた。サポーターが差別的な横断幕を掲げて処分された浦和の阿部勇樹主将が、試合前に「差別撲滅宣言」を読み上げた。

 普段はリーグ屈指の声援でわく収容6万3700人の会場には、スタッフや報道陣などがごくわずか入っただけ。周辺も応援目的の立ち入りは禁じられた。場内放送もないピッチには、主審の笛や選手の声、ボールをける音が響き渡った。

 8日に同会場で行われた鳥栖戦で浦和サポーターが「JAPANESE(ジャパニーズ) ONLY(オンリー)」と書かれた横断幕を掲示し、Jリーグは13日にクラブの管理責任を問い、処分を科していた。

こんなニュースも