[PR]

川と暮らした誇りと魂

 群馬県から新潟県に入る三国峠の雪道を、重い映写機材を積んだポンコツ車があえぎながら越えた。1983年大晦日(おおみそか)の黄昏(たそがれ)どき。熊本の水俣病をテーマにした映画で助監督を務めた佐藤真さんは、作品を自主上映して回る旅の途上だった。

 佐藤さんを自宅に泊めた新潟県阿賀野市の大工旗野秀人さん(64)は酒を飲むたびに問いかけた。「熊本には水俣病の映画があるのに新潟の水俣病にはない。なぜ熊本ばかり撮るのだ」

 新潟での映画作りを決心した佐…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース