「名前刻めることうれしい」 褒章受章の羽生選手

有料会員記事

[PR]

紫綬褒章受章 ソチ五輪金メダル・羽生結弦さん(19)

 ソチ五輪でフィギュアスケート男子に初の金メダルをもたらした羽生は、受章の知らせに「なかなか頂ける章ではない。その中に羽生結弦の名前を刻めることはうれしいし、大変光栄です」と喜びを語った。

 五輪直後の世界選手権でも初優勝を果たし、充実したシーズンとなった。それでも、向上心の強い19歳は「まだまだやるべきこと、勝ちたい試合がたくさんある」。練習では3種類目の4回転ジャンプにも成功しており、来季は4回転ジャンプの回数を増やす可能性も明かしている。

 「さらに成績を残せるように…

この記事は有料会員記事です。残り41文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]