【動画】東京・練馬区の幼稚園に絵本作家のいわむらかずおさんが壁画を描く=小川智撮影
[PR]

 里山で暮らすネズミの一家を描いた「14ひきシリーズ」などで知られる絵本作家のいわむらかずおさん(75)が初めて描き下ろした壁画が、東京都内の幼稚園で子どもたちの目を楽しませている。園舎のドーム内に360度描かれたのは大木や小鳥、ネズミたち。「自然に親しんで」との願いが込められている。

 練馬区大泉学園町3丁目の「大泉小鳩(こばと)幼稚園」の入り口は、ドーム形の吹き抜け(高さ8・5メートル)になっている。壁画はドーム内側の周囲25メートルを一巡りするように描かれている。

 タイトルは「おおきな きの、はる なつ あき ふゆ」。1本の大きな木から枝が広がり、季節ごとにキジバトやヤマガラ、アカゲラなどの野鳥とともに、14ひきシリーズの主人公・ヒメネズミたちが描かれている。

 同園は1966(昭和41)年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース