[PR]

 損害保険大手3グループは20日、2014年3月期決算を発表した。自動車保険の保険料を値上げしたことや海外事業が好調だったことから保険料収入が増え、最終的なもうけを示す純利益は全社が発足後の最高になった。

 自動車保険は各社の保険料収入の半分程度を占める主力事業だ。最近は保険料が安い高齢者の事故の増加で保険金の支払いが増え、各社の収益が悪化していた。このため自動車保険料を相次いで値上げし、12年10月以降には、事故を起こすとその後の保険料が大幅に上がる制度を導入する「実質値上げ」もした。この結果、自動車保険事業の収支が赤字だったMS&ADとNKSJは、今回は黒字になった。

 各社は今年も消費増税を受けて、自動車保険料を値上げする方針だ。

 海外事業が好調だったことも、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら