[PR]

 色麻町立の図書室が学校図書館に同居する形で4月、新たなスタートを切った。人口7300人の小さな町が取り組んだ県内では珍しい試みは、図書館関係者の注目を集めている。

 学校図書館は、今年4月に小中一貫校として発足した色麻学園の中にできた。小中学校の図書館は、色麻中の校舎と色麻小の校舎の間の昇降口の上に設置され、約6千冊の本が並ぶ。さらに276平方メートルある館内の一角に町立の図書室の本棚を置き、蔵書約9千冊を並べた。子どもも一般利用者も、それぞれの本を自由に読むことができる。

 県図書館によると、大崎市立古川南中学校などで常時開放しているが、公民館図書室が同居して実施するのは同町が初めて。このため、町立の図書室専用の出入り口とトイレを設けた。さらに学校に通じるドアの前にカウンターを置き、一般利用者が教室に入り込まないように司書が気を配っている。

 移転にともない、町立の図書室…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら