[PR]

 下妻市に住むロリータファッションの高校生とヤンキーの女の子の友情を描いた映画「下妻物語」の主人公を演じたモデルの土屋アンナさんが下妻市の観光大使に選ばれ、下妻市民文化会館で1日、委嘱式があった。

 土屋さんは「下妻物語は女優としての大きな転機になったありがたい作品。できる限り市をPRしたい」と話した。昨年10月に委嘱を打診、この日の市制60周年記念式にあわせて委嘱式を開いたという。

 下妻市では、2004年の映画公開後に、下妻をロリータの「聖地」にしようと有志が集まり委員会を設立。イベントなどを行い、街おこしをしている。委嘱式後にあった土屋さんのトークショーでは、委員会のメンバーらも壇上にあがり、土屋さんに映画に関する質問などをした。