立間祥介さん(たつま・しょうすけ=慶応大名誉教授、中国文学者)が2日、肺がんで死去、86歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は妻匡子(きょうこ)さん。

 「三国志」の研究で知られ、主な訳書に「三国志演義」がある。