[PR]

 ロシアで開発された人工知能が、知性を試す「チューリング・テスト」に合格した。テストが提唱された1950年以来初めてという。この実験を手がけた英レディング大が発表した。13歳の少年を装って「会話」した人工知能が、実験に参加した33%に人間だと思わせることに成功。合格ラインとしている30%を超えた。

 実験は、テストの考案者で、コンピューターの概念をつくったアラン・チューリングの没後60周年にあたる7日、ロンドンの英王立協会で行われた。ビジネスマン、人工知能研究者、女優といった様々な職業の計30人が「審判」として参加した。

 審判は5分間、別の場所にいる「相手」と文字で会話(チャット)をする。その後、相手が人間か、人間のふりをする人工知能かを判定するという仕組み。同大のケビン・ウォリック客員教授は朝日新聞の取材に「厳密を期すため、全員一斉に行い、話す内容の制限もしなかった」と話した。

 テストには5台のスーパーコン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら