[PR]

 「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)の社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72)が昨年12月、本社前で射殺された事件で、犯人が逃走に使った車両はバイクである可能性が高いことが捜査関係者への取材でわかった。府警が現場付近の防犯カメラの映像などから割り出したが、車種などは特定できていない。容疑者の足取りはつかめないまま、19日で発生から半年を迎える。

 捜査関係者によると、現場南側の倉庫にある防犯カメラに大東さんが出勤した際の車のライトのほか、西から東に動く別の車両のライトが映っていた。画質は粗く、映り込んでいる光はわずかだったが、分析の結果、光の角度などから光源はバイクの可能性が高いことがわかったという。車に比べてバイクの方が逃走にかかる時間が比較的短いと推測され、府警は犯人が大東さんを射殺後、バイクで逃走した可能性が高いとの見方を強めている。

 一方、府警は18日、これまでの捜査態勢について発表した。現在91人態勢で捜査中で、延べ1万800人の捜査員を投入。現場周辺で2610世帯に聞き込みを実施した。同社役員約20人のほか、取引先などのべ662社の関係者から事情を聴いた。現場周辺の防犯カメラ147台、ドライブレコーダー28台を解析。捜査本部などへの情報提供は303件あった。だが、犯人に結びつく有力情報は得られていない。

 また、捜査関係者によると25…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら