[PR]

 海上保安庁によると、韓国政府から「20日午前9時から午後5時の間に射撃訓練をする」との通報が11日にあった。訓練海域は竹島と朝鮮半島の間の東西約150キロ、南北約55キロの長方形。このうち北東部分の東西約3キロ、南北約6キロの三角形の海域が、竹島沖の日本領海にかかっている。

 海保は付近を通る各国の船に、注意を呼びかける航行警報を出した。竹島沖の日本の領海で韓国が射撃訓練をするとの通報は、少なくともここ数年はないという。海保広報は「警報は船舶の安全のために出したもので、韓国の主張する領有権を認めたわけではない」としている。

菅官房長官「受け入れられない」

 菅義偉官房長官は19日、韓国が20日に島根県・竹島(韓国名・独島〈トクト〉)周辺で海上射撃訓練を行うと通報してきたことを明らかにした。菅官房長官は会見で「竹島の領有権に関する我が国の立場に照らし、受け入れられない。極めて遺憾だ」と語った。韓国政府に抗議し、中止するよう求めたという。

 韓国軍は例年、防衛訓練などを実施しており、今回も韓国海軍は「通常の訓練の一環」と説明している。

こんなニュースも