[PR]

 部活動など学校で熱中症を起こす子どもが年々増えている。日本スポーツ振興センターのまとめによると、2012年度は過去最多の4971件だった。05年度の約2倍。死亡事故は約20年間に80件あった。夏だけでなく梅雨の時期も体が暑さに慣れておらず、熱中症が起きやすい。センターは、休憩を頻繁に入れるなど予防に力を入れるように注意を呼びかけている。

 センターは学校で起きたけがや病気の医療給付をしていて、全国の児童・生徒の約97%が加入している。

 熱中症で5千円以上の医療費がかかったケースを調べた。毎年のデータがある05年度以降、日照時間が少なかった09年度などを除き、年々増えていた。05年度は2565件だったが、10年度以降は3年続けて4千件を超えている。ヒートアイランド現象や地球温暖化による影響のほか、熱中症への意識が高まり、診察を受けるケースが増えたことも原因とみられる。

 死亡事故もほぼ毎年数件起きている。センターは、1990~12年度に報告された80件を分析した。8割以上が7~8月に起きていた。体育祭の練習など「体育活動」での事故が74件で、そのうち69件は部活動。競技別では野球19件、ラグビー10件、剣道8件、サッカー7件、柔道6件など。炎天下でランニングやダッシュなどをしていたケースが多いが、剣道や柔道など室内競技でも注意が必要という。

 約7割が高校生。学年別では高…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら