[PR]

 大王製紙の井川意高(もとたか)前会長(49)による巨額借り入れ事件にからみ、父親の井川高雄顧問(76)が23日、同社の佐光(さこう)正義社長(58)を相手に、新聞への謝罪文掲載と1億1千万円の慰謝料などを求める訴訟を東京地裁に起こした。この事件で高雄顧問も社内処分され、その内容を公表されたことで名誉を傷つけられた、と訴えている。

 訴状などによると、意高氏の巨額借り入れが発覚した後の2011年10月、同社はこの問題の社内処分として高雄氏を顧問から解職し、公表した。高雄氏は「(意高氏の独断だった)巨額借り入れに、自らも重い責任があるとの印象を与えられた」としている。社長個人を訴えたことについて、高雄氏の代理人は「会社の方向性を誤らせた責任を問いたい」と説明した。

 大王製紙は「内容を把握していないのでコメントは控える」との談話を出した。高雄氏は12年10月に顧問に復帰している。意高氏は、会社法違反(特別背任)の罪で懲役4年の実刑が確定している。