【動画】鈴木章浩都議が謝罪会見=戸田拓撮影
[PR]

 東京都議会で晩婚化対策を質問していた塩村文夏(あやか)都議(35)が「早く結婚した方がいい」とヤジを浴びた問題で、自民党の鈴木章浩都議(51)が23日、記者会見し、発言を認めて謝罪した。自民会派をこの日離脱したが、議員辞職はしない考えを示した。

 鈴木氏は会見で「不適切な発言で多大なご迷惑をおかけした」と頭を下げた。18日の都議会で質問に立った塩村氏が、「女性が一人で妊娠、出産、育児で悩んでいる」と問題提起した時に、「早く結婚した方がいいんじゃないか」とヤジを飛ばしたことを認めた。

 都議会自民党の吉原修幹事長は「おわび申し上げる」と述べた。19日から所属議員への聞き取り調査を進め、23日に鈴木氏から報告を受けたという。

 鈴木氏は会見前、塩村氏に謝罪に訪れた。「一つ進んだ。ただ少し遅かったのではないか」と話した塩村氏は、ほかに耳にしたという「産めないのか」などのヤジについて、鈴木氏に調査の協力を求めた。

 鈴木氏は、このヤジについては発言していないと説明している。

 鈴木氏は大田区選出で現在3期目。自身のホームページでは「女性が働きやすい社会の実現」を挙げている。18日の都議会後、発言を否定したことについて「逃げていたと言われても仕方ない。謝罪の機会を逸してしまった」と述べた。

 石破茂・党幹事長は「党を預かる責任者としておわびしたい。遅かったというおしかりには申し訳ないと思う」と述べた。