[PR]

 エプロン姿で活動する「お掃除ユニット 川越CLEAR’S(クリアーズ)」が、川越市の観光親善大使を委嘱された。歌や踊りだけでなく、地域貢献にも励む女性グループの起用で、若い観光客の呼び込みに期待をかける。

 お掃除ユニットは3年前に東京で生まれ、各地に派生。川越市では若手経営者らが呼びかけ、昨年9月に結成された。12歳から26歳の女性5人のご当地アイドルとして、各地のイベントに出演し、終了後は会場となった商店街などでゴミ拾いをしている。

 23日、小江戸川越観光推進協議会長の川合善明市長から委嘱状を受け取った、班長の伊織あいさんは「これまでの活動が認められ、勇気が出ました。いっそう努力します」。伊織さんによると、すでに熱心なファンが川越を訪れ、市内の店をブログなどで紹介してくれているという。(西堀岳路)